電気脱毛

産毛の脱毛もしっかりできる永久脱毛の定番、電気脱毛!

メリット
  • 歴史が長く、永久脱毛が可能!

 

  • 脱毛しにくい産毛の脱毛が可能!

 

  • 男性の濃い髭の脱毛に有利!

    *髭は毛根が深いので針を使った電気脱毛は確実です。

 

  • 日焼けした黒い肌の毛も脱毛可能!

    *レーザーや光脱毛のように黒い色素(メラニン)に反応させて脱毛をする方法ではないので、黒い肌の方でも脱毛が可能です。

 

  • ビキニラインの脱毛におすすめ!

    *レーザーや光脱毛ではメラニン色素の濃いビキニラインや乳輪回りは火傷の可能性があり、
    できない場合があるので、針に電気を通す「絶縁針」を使った電気脱毛は有利といえます。

 

 

 

デメリット

  • 痛い!

    *ただし、基本的に医療機関のクリニックで扱われている脱毛なので、
    麻酔が使えます。

 

  • 施術時間が長い!

 

  • 毛1本1本を処置し時間がかかるので、料金が高め!

 

  • 毛を伸ばしてないと脱毛できない!

    *最低でも2,3ミリ必要。夏場だとワキが見える服が、施術前は着れなかったりします。

針脱毛=電気脱毛、その仕組みと「絶縁針」

電気脱毛は毛1本1本の皮膚へ針を差し込み、電気を流して毛根や毛乳頭を破壊する脱毛方法です。
針の種類としては「電気針(ニードル)」、最新のものとして医療器具の「絶縁針」があります。

 

以前は電気を流す行為のため、医療機関でしか扱えない施術だったのですが、最近では脱毛サロンのお店でも扱えるようになっています。
ですが脱毛サロンでは麻酔や絶縁針が使えないため、電気の出力を抑えています。
よって、絶縁針を扱っている医療機関ほうが電気の出力を高く設定できるので脱毛効果が高いとされます。

 

*安全性や脱毛効果が高いため、ほとんどの医療機関では絶縁針を使っていますが、絶縁針を使用していない医療機関もあります。その場合、脱毛サロン同様、電気針(ニードル)を使用してることになります。

 

電気脱毛は毛穴に針を刺し電気を流して毛根を破壊するので、しばらくは肌が炎症を起こし赤くなります。
*2週間から1ヵ月で腫れは引くようです。
医療電気脱毛で扱える「絶縁針」はそのダメージを和らげてくれる効果があります。

 

「絶縁針」とは

絶縁針は特殊加工をした針のことをいいます。
普通の電気針では、電気の出力が高いと皮膚の表面を焼いてしまいます。絶縁針では皮膚の表面に触れる部分のみは、電気を流さないようにした特殊な針です。要するに電気を「絶縁」するわけです。

 

 

施術回数

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛と同じく、休止期に隠れていた毛があとから生えてくるので、何回か施術が必要になります。1回の施術は長く、1時間くらいかかります。
しかし、ほぼ永久的な脱毛が確証されています。
1本ずつ毛を抜いていくので取り残しもありません。

両ワキ 約5、6回
両ヒザ下 約10〜20回
両ヒジ下 約10〜20回
ビキニライン 約5、6回

*毛や肌の状態にもよりますので、だいたいの目安になります。

電気(針)脱毛は技術力が大事

電気脱毛はいろいろある脱毛方法のなかでも、一番施術者の技術が必要とされる脱毛です。
肌の状態を見極める目と、毛穴に針を通すための繊細な手の動き、電気脱毛学のみならず皮膚科学、神経学にも通じています。

 

レーザーや光脱毛の場合も、機器の精度の他に、その機器を使用するエステシャンの取り扱い技術が必要になりますが、電気脱毛の場合は針を使用するため、最も、たしかな腕のある脱毛士を選ぶことが重要だと思います。

 

<注意!>
電気脱毛による「全身脱毛」をおすすめしない医師もいるようです。
やり過ぎると皮膚によくないみたいです。
汗の働きがおかしくなることもあるようです。
*針脱毛は効果に期待ができるので、レーザーや光で脱毛しにくい産毛など、
どうしても薄い毛を1本でも無くしたい箇所だけを処置した方がいいのかも知れません。

 

電気(針)脱毛の歴史

電気脱毛は1875年に逆さまつ毛(まつ毛が逆さに生えてきて目の中に入ってくる)の治療としてアメリカで発明されました。そして美容の一環として脱毛に用いられるようになったのが1916年のことです。
「永久脱毛」といわれる所以は、このように非常に長い歴史を持っていることによります。
電気脱毛の種類としては「電気分解法」1920年からは「高周波法」この2つを組み合わせた「ブレンド法」と進化していきました。日本では1972年にブレンド法による電気脱毛機器が海外から導入されて医療施設や脱毛エステサロンに普及して現在に至ります。

 

使用する針にいたっては、1986年に「絶縁針」が日本の医学博士・小林医師により開発されました。
それにより今までは、肌の火傷や色素沈着が起こるリスクがありましたが、「絶縁針脱毛法」でそのリスクを克服するようになりました。

 

 

 

 

電気脱毛

電気脱毛を使用している脱毛サロン【エステティックTBC】

 

 

脱毛山形エステサロンのランキングはこちら